TOPページへ 店舗のご案内 当店オリジナルのお墓 お墓建立までの流れ

   施工事例について お墓について アフターサービスについて ペットのお墓について ペットのお墓販売 お買い物詳細 お問合せ いしころやページ:パワーストーンのお店


杉本工業所では、現在8種類の国産石を取り扱っております。ここでは、それぞれの石の色や特徴を説明しております。詳しい事が知りたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい!!

             深山ふぶき 白馬石 真壁小目石 万成石 大島石 磐梯みかげ石 吾妻みかげ石 浮金石



産地 福島県船引町 石質 青色花崗岩
「深山ふぶき石」はその堀越の裏手、名前の通り深山で採掘されている。浮金石が採れる黒石山とは目と鼻の先ほどしか離れておらず、方角はちょうど深山の南側で、直線距離にして2qあるかないかといったところにあり、丁場の開発面積は約15万uに及び、年間生産量は約5万切(約1400立方メートル)に達する。 青みの濃い中目の花崗岩で、白い長石が吹雪のように美しく舞うことから名付けられた。艶もちが良く、変色しにくい。



産地 福島県浪江町 石質 花崗岩
福島市から阿武隈高地の北部を東西に横切って浜通りの浪江町に通じる国道114号線。この国道沿い、川俣町との境界に近い浪江町の国有林で「白馬石」(商標登録済み)が採掘されている。その名の通り白馬石山(標高821m)から採れる、福島県を代表する銘石である。 一言で表現すれば質実剛健。色目の揃った石が比較的楽に安定して採れる。石質がとても硬いので切削には苦労するが、その分、ツヤ持ちは非常に良い。仕上げ方ひとつで様々な表情を見せてくれる。吸水率も低い。



産地 茨城県真壁町 石質 白色系花崗岩
茨城県西部に位置する常陸三山(筑波山・加波山・足尾)。その懐に眠る硬質で堅牢な岩石。それが真壁石です。石英・長石・黒雲母からなる花崗岩でおよそ六十万年も前にできたといわれ、「こみかげ石」「常陸こみかげ石」ともよばれています。皇居の縁石、三越本店、玉御陵(浅川の橋)、公共の建物等に真壁石が使われた。 硬質で吸収率も低い。



産地 岡山県笹岡市万成町 石質 桃色系花崗岩
旧山陽道に面した保安林の中に採石場がある。
万成石は火成岩中の深成岩類に属し、正式には角閃石黒雲母花崗岩と呼ばれ、中世代白亜紀末に冷却固結して生じた岩石である。結晶質は粗粒など粒状の極めて堅固なもので艶が良く出る。故石原裕次郎氏の墓石に使われた事としても有名。



産地 愛媛県宮窪町 石質 青色系花崗岩
国内の代表的花崗岩産地である。
青味を帯びた白みかげて、石質は細粒で硬い。つや持ちが良く、変色しないという特徴をもっている。代表的な建造物としては、国会議事堂・赤坂離宮・天満の鳥居・大阪心斎橋等数多くあり、現在では各種記念碑・庭園用資材としても利用されている。



産地 福島県丸森町 石質 青色系花崗岩
和56年から採掘。小目の石目と、繊細で優しい石質を持つ磐梯みかげ。深い青味の美しさと、吸水率が低く高硬度という強さを兼ね備えた東北地方を代表する最高級の石材。



産地 福島県丸森町 石質 白色系花崗岩
昭和45年から採掘。石目は細目類に属し、全国各地で幅広く利用される石である。元総理大臣、福田赳夫氏のお墓にも使用された。東北地方を代表する最高級の石材。



産地 福島県小野町 石質 黒色系斑レイ岩
「浮金石」はその希少性ゆえに福島産の中で最も高い値が付いている。黒褐色の斑レイ岩で、田村郡小野町の最北部、郡山市・船引町との三つの境界線が交わる黒石山(896m)で採掘されている。名前のとおり黒地の中に金や白色の斑が混じり、それが浮き出るが如く絹糸状に光を放つのが特徴。硬質で吸水率も低い。国産黒御影の最高級品。墓石材としてはもちろん現天皇陛下ご成婚記念の噴水や沖縄県戦没者慰霊碑、東京駅などの建築材としても幅広く使われている。